おすすめ記事

亀頭増大の痛みは局所麻酔で対策

亀頭増大の手術で不安な痛み

亀頭増大を行いたいと考えていても、痛みが強いのではないかと躊躇するケースがあります。
治療法を見ると更にその懸念が増すのですが、多くの人が痛みが強いというイメージを持つのは注射針を刺すためです。
確かに亀頭増大の治療では注射によって行いますので、針を刺す時には痛みを伴います。
ただし、何の対策も行わずにいきなり亀頭増大術を行うのではなく、事前に麻酔を行いますので、実際にはそれほど強い痛みを感じることはありません。

痛みが不安が亀頭増大術に踏み切ることができない場合には、事前にクリニックに相談するのが良いでしょう。
同じような悩みを抱える人が大勢いますので、クリニック側でもきちんとした対策を行っています。
その対策の内容を聞いた上で受けることができそうなら、詳細な内容を確認しつつ治療の計画を進めます。
麻酔もクリニックによってやり方が異なるため、どのような手順になっているのかを確認することが大切です。

亀頭増大術の麻酔の仕方

亀頭増大術を受ける時に用いられる麻酔は様々です。
そのため、実際には受けるクリニックで聞いてみるしかありませんが、大抵は複数の麻酔を併用することで対処しています。
一般的な手法として、陰茎の根本部分にブロック麻酔を打ち、その効果が出てきたことを確認してから注入部位に局所麻酔を行います。
このような二段階にすることで、より痛みの不安を軽減することができますし、それでも不安な場合にはスプレーやシールによる麻酔を用いるのも一つの方法です。
これらは表面の感覚を麻痺させるものであり、一番最初に用いられます。
最初のステップでスプレーやシールの麻酔を行った後に、通常手順の二段階の麻酔を行うことで、痛みに関する不安は随分軽減されるはずです。

眠っている間に治療が終わる静脈麻酔もあります。
それぞれの状況に合わせて使用してくれますので、まずはクリニックに行って痛みに不安があることを打ち明けて相談してみましょう。

まとめ

亀頭増大術では注射による治療を行うため、痛みを心配する人が多いようです。
確かに針を刺す治療のために痛みを伴いますが、対策として麻酔を用いていますのでそれほど心配はいりません。
通常は二段階の麻酔になっていて、最初に陰茎の根本にブロック麻酔を打った後に注入箇所に行います。
それでも不安があるようなら、表面に効くスプレーやシールを用いることも可能です。
眠っている間に治療が終わる静脈麻酔もあるため、クリニックでの相談が必要です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。